マイニングシティとビットコインボルト詐欺

マイニングシティとビットコインボルト詐欺

そもそも、ビットコインボルトは何のために生まれたのか?その前にまず「マイニングシティ」について説明しよう。
上記に紹介したブログでもマイニングシティに言及しており、ビットコインボルトはマイニングシティと切っても切れない間柄である。

マイニングシティは、マイニングファームと言って、投資家が出したお金でマイニングマシンを設置し、そこから得た仮想通貨を投資家に還元して、みんなで儲けようという事業を行う会社である。

マイニングシティ自体はビットコインボルトよりも以前から存在し、昔は大手仮想通貨ニュースサイトでも取り上げられ「マイニングシティでビットコインをマイニングすれば絶対儲かる!」ともてはやされたのだが、事業開始から1年弱で一転、報酬が一日数十円に激減したというイワク付きである。
その騒動からマイニングシティの信用は地に落ち、もはや誰も投資などしない…という状況に陥った。そんな中で起死回生の「プロジェクトX」が発足することになる。どういったプロジェクトかと言うと、
「ビットコインなんていう古い通貨のマイニングなんかやめて、今後はビットコインボルトという新しい通貨のマイニングでキミも先行者利益をむしゃぶろう!!」というニュアンス。
この時にビットコインボルトは誕生したのだ。

うん…正直言って「そんな理由で生まれた通貨に価値はあるのか?」と思う。
というか、普通に考えれば「すでに詐欺っぽいことをやらかしたのに、また詐欺っぽいことをやろうとしてる…」と考えるだろう。

怪しさは置いといて、確かにどこにも上場されていない通貨を事前に手に入れ、取引所に上場して何十倍何百倍にもその通貨が値上がりしていくというのはまさに仮想通貨ドリーム!
そして、実際にこの後にビットコインボルトは複数の取引場に上場しており、価格は現在60倍!あれ?ビットコインボルトって詐欺って言ってましたよね?

正直に言って、ビットコインボルトを所有すること自体は詐欺とかそうでないとかとは言及できない。 実際に値上がっていることもそうだが、そもそも仮想通貨を売り買いするからには、急激に値下がったり、突然価値がゼロになることなんてどの通貨でも起こり得ることだからである。
ただし、上場してしばらくは価格操作によって値上がりし(草コインは時価総額が低いので簡単に価格操作できる。ましてやボルトはマインベスト社独占コイン。)、その後暴落して二度と値上がらなくなった通貨はいくつもあるので、決してビットコインボルトが投資対象として信用できるという意味ではない。というか、後にも言及するが、あまりにも騙す気マンマンであるので、長期的には確実に大暴落するだろう。

最も問題なのは、取引所でビットコインボルトの取引をすることではなく、「マイニングシティ」でビットコインボルトをマイニングすることである。
私も受けた勧誘の内容は、数万円~数十万円を支払ってビットコインボルト用のマイニングマシンを購入し、1100日間マイニングを行うというもの。一括でビットコインボルトが手に入らず、1100日かけて徐々に手に入るというのがポイントだ。
ビットコイン・マイニングボトルプラン
マイニングシティのビットコインボルトマイニングプラン

普通に考えれば、今後確実に値上がると思う通貨を毎日少しづつマイニングするのはあまりにもナンセンスだ。安い今のうちにできるだけ多く手に入れたほうが良いに決まっているからである。勧誘者が言うように、将来数百倍数千倍に値上がる通貨なら、マイニングプランに$3500払うよりも今$3500分のビットコインボルトを購入したほうが、絶対に儲かる。

にも関わらず、多くのビットコインボルト紹介記事では「マイニングシティのマイニングのほうが効率が良い」とか「取引所で買うのは効率が悪い」とか、訳のわからない言い訳をしている。要するに、最初に述べたようにマイニングシティの紹介報酬が欲しいだけなのだ。

マイニングシティのリスクは、ビットコインボルトが大暴落し、全く価値のないコインになったとしても、報酬はビットコインボルトだけが支払われ続けるというものもある。当然、それまでに手に入れたコインも売却して利確していなければ、いくら途中で値上がっても最終的にはお金にならない。

そしてマイニングシティの所在地はカザフスタン、住所は不明という詐欺にありがちな立地であり、CEOは代理業者、あらゆる部分が未公開。1100日間マイニングしてくれるのかすらもわからないのだ。
マイニングシティは悪評が多く詐欺である可能性が非常に高いので投資する際は十分にお気を付けください。

おすすめの記事