テクニカルチャートへの精通がカギ

よく外国為替証拠金取引の広告などでみる、パソコンやタブレットに映るテクニカルチャートの風景は知的で、欧米のディーリングルームを見るような感覚にとらわれる方も多いのではないでしょうか。
普段からの為替取引の中で、このようなチャートに精通し上手く活用することは成功する投資をする上でも重要な方法となるのです。
為替の世界では、テクニカルチャートを上手く使っていくことは収益をあげる生命線です。テクニカルチャートはローソク足や移動平均線を中心に構成されています。
テクニカルチャートの分析をすることで、投資における合理的な売買の判断をすることができます。

テクニカルチャートを全く必要としない手法もあります。
自分が取り入れている手法のひとつに「3すくみ」という手法があります。
3すくみは文字通り、3つの通貨ペアを用いて両建てすることにより為替差益をなくしてしまいます。

そこからどのように収益をあげるのか?

答えは、スワップポイントです。

おすすめの記事