FXSuitの評判は?実際に使用した人の状況はどうなのか!

やあ、こんにちは。ぼくは社会人なりたての23歳「なるみや」です。
新卒で入った工場系の会社で今日も弁当に梅干しを乗っけています笑

工場の仕事は朝8時30には出勤して作業開始。夜は遅いときだと10時半までという結構過酷な環境下で生きていくためにせっせこ働いています。

ただ肉体合ってのこの仕事だと日々痛感しています。これが先何10年と続くと思うと・・・
出世街道に乗ることが出来ればいいのですが人生リスクヘッジが大事だと思った僕は夜な夜な、時間をかけずにお金を稼ぐ方法を探していました。(父にはそんなの方法あるかとどやれらますが。) そこで見つけたのがこのFXSuit!

ん?放置で月の利益が15%? そんな都合のいいものあるわけないでしょと思って読み進めてみるとこれまた面白そうで。どうだろう?って笑

今日はそこで、ぼくが集めた情報と実際に使用してみてどうなのかを載せていこうと思います。

まずいろんなサイトを見て思ったこと

まあアンチ多いのな!!!基本的にマイナスな記事の方が多く出てきます。人間本質はネガティブだといいますけど、中には根も葉もないことが書いてあったり・・・
実際のところどうなのか分からないところもありますけどね。

今回は検証してみた結果やサイトの情報を元に正しい情報でありそうな場合には〇、判断が付きにくいものの場合には△、ウソ情報の場合には×を付けていきます。
それではどうぞ!!

この記事を見て分かること
・FXSuitって詐欺の会社?
・月利15%は本当なのか?
・出金できないのは本当?

FXSuit

まずは証券会社の簡単な説明から。
バミューダでライセンスの許可を取得している証券会社です。

項目 オールゼロ口座 手数料なし口座
最小スプレッド(EURUSD) 0.2pips 1.5pips
最低必要証拠金 500ドル 500ドル
最大レバレッジ 200倍 500倍
基準通貨 JPY JPY,XBT
最低ロット数 0.01lot 0.01lot
手数料 700円/lot 0

口座の状況はこの通り。

「ん?なんでバミューダなんだ?」と少し詳しく見てみました。
バミューダ諸島で証券会社を作るメリットは日本ルールで取引を行わなくてよいということ。
日本で許可をもらう場合、もちろん日本のルールで取引をしなくてはいけない為、レバレッジも25倍まで。追証(投資額をオーバーするマイナスが出た場合は会社が負担する制度)もなくなってしまうというデメリットが増えてしまいます。

それってつまり海外口座のメリットが丸つぶれなんですよね。
なので海外登録のままで取引を行っています。
(これ自体は合法です。)
Yahoo知恵袋でこんな質問がありました。
参照:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10216264610

Yahoo知恵袋での質問内容

Yahoo知恵袋での回答内容

ベストアンサーになっていますけど、たった今説明しましたよね。日本の金融庁に許可をとったら海外の証券会社のメリットがなくなるんです。 海外の証券会社が金融庁から許可を取るってこんなイメージです。
「この遊び場で遊びたいなら、俺たちのルールで遊びなよ。それがむりなら認めないぞ!!」って、いいがかりをつけている状態です。  こんなことを法律で何も罰することはできないですよね。むしろ負債は自己責任で。というルールの方が怖いです。

なのでFXSUITは詐欺なのか? こちらは×!!

・月利15%は本当なのか?

FXSUITといえば3すくみのスワップ放置サヤ取り。なんと毎月投資額の15%も増えるんだとか。 まずは仕組みを解説します。
やることは3つのポジションを保持しておくだけ

3すくみとは? サヤ取りとは?

サヤ取りの説明をします。
簡単に説明すると2国間の通貨の金利の差を得ることです。
例えば日本の金利は現在マイナス金利(-0.1%)にあります。 ですが海外ではその金利がそれぞれ違います。
例えば アメリカだと1.75%~2%
    イギリスでは0.75%
と国によって違います。
なのでたとえば
 日本円を売ってアメリカドルを買う場合
円(-0.1%)+アメリカドル(1.75%)=1.74%が得られます。
※日本円を100円、アメリカドルを1ドルで固定の場合
この2国間の通貨金利の差をスワップポイントと言います。
ですがこれだけだとリスクもあります。

それは何かというと通貨の価値が毎日変動していることです。

先ほどの例をもとに説明すると、日本円の価値が100円=1ドルでポジションを持ったとします。
その後価値が変動して90円=1ドル(いわゆる円高ドル安)になった場合、ドルを買っていたので差の10円を損します。それが為替変動リスクといいます!
それではスワップポイントがプラスになっていたとしても為替の結果マイナスが大きければ利益にならないということです。

そこで3すくみを活用します!!
3すくみとは3つのものがお互いに影響を受け、身動きが取れない状態を意味します。
今回はそれをFXで応用します。
例 10万円の場合
通貨         lot数
USD/JPY sell (EUR/USDの時価)   
EUR/USD sell  1.0
EUR/JPY buy   1.0
上の図を相関関係で表すとこの通りです。

USD ↓/JPY ↑
相殺    相殺
EUR ↓/USD ↑
 相殺    相殺
EUR ↑/JPY ↓ 

お互いの上がり下がりを相殺し、もう一つのFXメリットのスワップ利益のみで増やしていくスタイルです。
仕組みとしてはシンプルですよね。でもたったのこれだけで月に15%の利回りだそう。

聞いた話によると10万円の投資で1190日後には2000万円を突破している計算になるという。

実際に友達に運用の履歴を見せてもらうことが出来ました。

友達の運用の履歴1

最上部の-2105が利益の部分です。 (10/3スタート)
※ポジション設定時手数料が引かれるためマイナススタート。

友達の運用の履歴2

これが11/3現在
16126円って、むしろ15%超えてきてる!?
事実増えているんですね。
これには運用している本人が一番びっくりしていて
「少し不安合ったけどやってみてよかった~」と言っていました。
それからはよく進められるようになったというのは言わなくても分かりますよね笑

なので実際に運用している人を参考にすると○けどこれはもう少しデータが必要だからそういう意味で△を付けます。

・出金できるの?

そんなうまい話があるわけないでしょ。 と思っていたぼくは
「増えているように見せかけて、出金が出来ないって落ちなんじゃないの?」
そう思ったぼくはTwitterやblogを漁ってみました。すると次々に利益出ました!!の声。世の中には出金手数料を引かれてでも出金が出来るのか検証したい。という勇者が多くいるようで、出金まで済ませている人たちもいましたので一部集めてみました。 ※本来入金後6か月間の出金は30%手数料を引かれます。出金を控えるかどうかは詳しい方の判断を煽ってご検討ください。


みんな出金してるやんw
出金できないと思っていたぼくが一番やるのをためらっていた理由出金拒否を解消してくれました。
これなら慎重派のぼくなるみやでも出来るかも。そう思っていた矢先こんな記事を見つけました。

処理不可の表記。「こんなのもあるの!?」と、やって勇気を振り絞ってやってみようと思った矢先に「処理不可」の二文字が僕に立ちふさがりました。
あと一歩でぼくの人生バラ色放置生活が始まるところだったのにこれは厳しい。。

ですがぼくはまだあきらめません。ここであきらめたらいつもの梅干し地獄に逆戻りするだけです。 そして友人で取引やっている人を見つけ、そいつにどうなのか聞いてみました。そしたら処理不可になるけど出金自体は出来るよ。と言っていました。出金時にそういった表示が出ることはあるようです。過去の取引履歴を見せてもらうことが出来ました。

処理不可になるけど出金自体はできている様子を表す写真

ドル処理だから少ないけど処理不可ってなってなることもあるみたい。
ようは入力ミスがあったりすると銀行やクレジットカード情報が読み込みできずに処理不可と表示されることがあるみたいです。
要するに自分たちのミスもあるようです。

たしかに出金するときに限ってそんな表示がでれば不安になるかもしれないです。
ぼくも工場で缶詰め状態の中働き続けて、残業代が出なかった日には不満爆発しますよ!おこ!
・・・そんな話はさておいて、出金が出来るのか?に対する回答は○ですね!できます!

まとめ
いかがだったでしょうか。正直ぼくは検証する前まで怪しさの方が勝っていました。
そんな簡単なことでお金が増える訳ないじゃないかと。

だけど、自分で調べまわって検証した総合的な判断としてぼくは十分に、今後やっていく価値はありだと思いました。
肉体労働だけでは体に限界が来たらおしまいです。 ぼくはそんな未来を見据えて、
一歩目を踏み出した。そんな気持ちです。
今後、自動運用で利益が出続けてくれればいいなと思い始めてみます。
そう、始めてみました!!
これで地獄の梅干し労働ともおさらばしたい!!  これからの朗報お楽しみに!!

運用履歴